投資で立会外分売にチャレンジ!

個人的に、今はまっているのは投資です。その中でも立会外分売が気になっています。

健康コーポレーションの子会社であるSDエンターテイメントとイデアインターナショナルが同時に立会外分売を開始するんですよね〜。

立会外分売って普段相場が動いている時間帯とは違って取引相場が終わってから始める取引でもあるので、ちょっとドキドキしてしまいます。

開始予定日が19日ということなので、購入意思を表明するのが18日の18時以降、19日の朝8時くらいまでなので、結構時間との勝負だったりします。

嬉しいのは、株を買うときに手数料がかからないので、投資資金だけ用意しておけばいいということ。購入できるのは抽選ですが、株主を増やすのが目的だったりもするので、多くの人にチャンスがあったりもします。

何よりディスカウント価格で買えるので個人投資家でも損しにくい構造になっているところが魅力でしょうか。

万人初心者でも、できる投資はあります

投資って最初は難しいイメージしかなかったですが、売買を頻繁に繰り返す必要とかも全然ないんですよね。

ある意味で確率論だし、この株価上昇局面ではそんなに頭を使う必要もなさそうな気がします。

優待族とかの人は信用取引も駆使して優待取得に励んでいらっしゃいますけど、逆日歩がついちゃうこともあるので、あまり初心者向けではないかな〜って印象です。

それよりも立会外分売とかIPO投資とかの方がやりやすいような気がします。

損をする可能性も低いですしね。

万年初心者には万年初心者らしいやり方で投資をすればいいのかなって思います。小型な高配当銘柄を買って、少しずつ資産を増やすだけでもしっかりとした投資ですしね。

人は人っていう意識も投資では大事かなって思うばかりです。無理せずできる範囲でなんでもやってみるのがオススメって気がしちゃいます。

投資はいろんな方法があるし、正解ももちろんないので、すきなようにやるのが一番!って思います。

まとめ

立会外分売は、初心者でも稼ぎやすい投資の手段の一つです。

頻繁な売買を繰り返さなくても投資はできます。

自分の好きなようにやるのが一番自分に見合った投資といえそうです。

いたずらっこ

6ヶ月の息子は成長が早くて、周りのママ達に驚かれる。首すわりや寝返りは3ヶ月だったし、5ヶ月でずりばいや高ばいが出来てた。

ブリッジが得意で、よくやってる。6ヶ月になって3日でつかまり立ちとハイハイを同時にマスターした。そんな息子が可愛くて毎日毎日一緒に遊ぶのが楽しくて仕方ない。

息子はガラステーブルの引き出しの上にある物をよく掴みに行く。つかまり立ちして、旦那の財布を特に触る。だめだよーってよく話してて、それでも何度も触りに行く。今日は、触ろうとしてる時にだめだよーって言ってみた。

そしたらぴたっと止まって、にやりと笑ってまた触ろうとした。それを何度か繰り返してて、これはわかっててやってる!と思ったから抱っこしてこちょこちょ。なんだか面白い遊びを見つけたよう。しかしもういたずら出来るなんてすごいなぁ。

後追い

掃除機をかけていた時に、急に泣き出した息子。部屋の端まで行って掃除機を止めて、後ろを振り向いたらこっちに向かってハイハイしてる!

いつもはリビングのジョイントマットの上でしか遊ばせてないから、自然と息子もマットより外にはハイハイして行くことがなかった。でも私がいるのは隣の部屋で、フローリング。そこに初めて出てきて、私に向かってきてる。嬉しくって、こっちにおいでーって言いながら柱の陰に隠れてみた。そしたら私を探しながらも一直線に私に向かってハイハイしてる。

ニヤニヤしながら隠れてたらとうとう息子が私を見つけてニコニコ。もうたまらなくてぎゅー!と抱っこしてあげた。

本当に成長早くてめまぐるしい毎日だけど、一瞬一瞬を大事に過ごしていきたい!夜泣きも始まり、人見知りも出てきて苦労することも多いけど、そんなの屁でもないくらい愛おしい存在。大きくなってもこうやって私のとこにくっついてきてほしいなぁ。

今はただ、おっぱいあげたり離乳食あげたり、今しかできないことを楽しみながらしてあげたいなぁと思ってる。

結局息子は可愛い

生後6ヶ月の息子の成長を楽しんだ1日です。ただただ息子の可愛かった行動を綴ってます。いたずらと後追い、そんな赤ちゃんならではの可愛い行動です。

お散歩日和です!公園に行きましょう!

なんだかもう夏が来てしまったのではないかと思う位暑い日が続いてますね。5月に半袖を着るなんて、冷え症の私はここ数年無かったような気がしますが、今年はすでに半袖デビューをしてしまいました。

天気も良い日が続いて、洗濯大好きな主婦の私には天国のような日々ですが、外で仕事をしている夫の熱中症は少し心配です。

この前の夫の休日は、私の実家で飼っている愛犬(ちび太)を連れて、夫とお散歩に行ってきました。夫は待ち受け写真をちび太にする位かわいいと言っているのですが、ちび太は家族以外が苦手です。

なかなかなつかないのです。そこで、お散歩大好きなちび太を散歩させれば仲良くなれると思い、出掛ける事にしたのです。

暑いので脱水にならないよう冷えた水を持ち、おやつと私たちのお弁当も持ち、ピクニック感覚で出掛けました。

いつもは家にいる時間のお出掛けに、ちび太は大興奮で元気に公園を駆け回ります。夫も一緒に駆け回ります。なんだか、良い感じに仲良くなっていました。散歩してくれる夫にちび太も寄り添い、夫もちび太を撫でたり抱っこしたりしています(普段実家に来た時は、夫が触ろうとしただけで警戒してます。)。

おやつも夫からもらうちび太は嬉しそうに食べていました。私たちもお弁当を食べ、それから少し休憩してからまたちび太と楽しそうにはしゃぐ夫を見て、幸せでした。

初めてのカフェとケーキに大興奮!

公園を後にし、ドッグカフェに行くことにしました。私もですが、ちび太にとって初めての経験です。

夫は、さらに仲良くなる為に「ケーキをご馳走する!」と意気込んでいました。
カフェに着き、メニューを見ていると店員さんが水を運んできてくれました。もちろんちび太の水もあります。嬉しそうに飲むちび太と、撮影しまくる私。親バカです。私たちのケーキと飲み物、それからちび太にワンちゃん用ケーキを注文し、来るのを待ちます。夫の横でお座りし、気持ち良さそうに撫でられているちび太。良い子です(親バカです)。

ケーキが来て、びっくりしました。今までちび太にケーキはあげたことがありませんでしたが、そのケーキは普通に出されたら私なら食べています。

ケーキ屋さんで売っているような、美味しそうなものでした。実は一口食べたのですが、美味しかったです(意地汚くてすいません)。

私たちが食べた後、夫からケーキをもらうちび太はすごい勢いでした。それはそうです。ちび太にとってはご馳走です。あっという間にケーキはちび太の胃の中へ。

こうして、散歩と餌付けでちび太と仲良くなった夫はとても嬉しそうでした。仲良くなってくれて、私も嬉しかったので、また機会があったら一緒にお散歩に行きたいと思います。

まとめ

私の実家で飼っている犬(ちび太)。なかなか夫になつかないので、仲良くなれるようお散歩に出掛けました。公園でお散歩してからドッグカフェに行き、夫から美味しいケーキをもらい仲良くなれました。そんなある休日の出来事です。

私には2人の子どもがいます。5歳の男の子と2歳の女の子です。

性別が一緒ならおもちゃも一緒で良いと思うのですが、我が家のように男女で違う場合は、やはり興味の対象がそれぞれ異なるため、与えるおもちゃも違ってくるのです。

今回は我が家の子どもたちが好きなおもちゃについてご紹介したいと思います。

5歳男の子のおもちゃ

今、息子が好きなのは仮面ライダードライブ、ニンニンジャー、妖怪ウォッチです。

仮面ライダーの変身ベルトや、爆発的人気で入手困難だった妖怪ウォッチ零式も持っています。

しかし…買った当初はすごくハマってずーっとそればかり遊んでいるのですが、しばらくすれば飽きてしまうのです。

どちらのおもちゃも、ボタンを押して音が鳴るだけのおもちゃ。

装着するミニカーやメダルを新たに購入すればまた別の音が聴けるのですが、またいずれ飽きて…となり、お金ばかりがかかってしまうのが難点でしょうか。

最近はミニカーやメダルは買わないようにしているため、あまり遊ぶことが少なくなりました。

2歳女の子のおもちゃ

娘が好きなのはお人形遊びです。

メルちゃんのお人形や、プーさんのぬいぐるみを抱っこしたり、タオルをお布団にして寝かせてみたりと可愛がっている様子が、小さなお母さんのようでとても微笑ましいです。

メルちゃんより、少し大きいのがポポちゃんですが、最近こちらを従姉妹のお下がりとしてもらうことができたので、我が家にはぽぽちゃんもいます。

お洋服や靴なども一緒にもらうことができたのですが、どういうわけか洋服を着せてもすぐ脱がしてしまう娘。

着せ替え遊びを楽しむのはもう少し先のようです。

男女共に楽しめるおもちゃ

我が家で一番活躍しているおもちゃはレゴです。

1歳半から遊べるレゴデュプロというものがありますが、ちょうど息子が1歳半の頃にクリスマスプレゼントとして与えましたが、5歳の今でもずーっと現役で大活躍しています。

これほど長く遊べるおもちゃは他にないでしょう。息子が楽しく遊んでいるから、当然娘も真似して最近は色々とブロックを組み合わせて作るようになりました。

ブロックが壊れることもありません。子どもの想像力次第で色々なものを作ることができ、手先も器用になります。

5歳から遊べる小さいサイズのレゴもあるのですが、息子はデュプロの方が好きなようです。

水素水って結構使える

最近の関心ごとはもっぱらアンチエイジング。

美魔女になりたいわけじゃない。

くたびれた感じに思われたくないだけ、、、。しわとかしみとか、それなりにあってもいいんだけど、娘の母親として、娘がともだちに恥ずかしくないような状態ではいたいなーと思っている。

いろいろ検索したりともだちに聞いたりして、関心があるのが、水素水。

普通の水を飲むのとは全然違って、活性酸素が処理されるだかなんだかで、とにかく元気になったりお肌がきれいになったりするらしい。

興味津々だけど、続けるとなるとお金がかかる。

ともだちは、ジムに通っていて、そこに水素水のサーバーが置いてあって、自由に飲んでいいらしい。いいなあうらやましいなあ、、、。

効果のほどが分からないからまだ注文は迷ってるけど、そのともだちがきれいになったら、私もやってみようっと。

大高酵素とは

もうひとつ、これはもうすでに一ヶ月ほど続けているんだけど、大高酵素の、スーパーオータカっていう、酵素液を毎朝30ミリリットルほど飲んでる。

これは効果が実感できる。飲み始めてからお肌がしっとりしてきた。

すごく嬉しい効果だから続けようと思っているけど、味がめちゃくちゃ甘いので、カロリーが気になるところ。

でも腸にもいいらしいので、せっせと毎日飲んでみようと思う。

こどもが大きくなって、お金がかかり始めるというのに、自分自身のメンテナンス費用もいろいろとかかる。

シミとらなきゃいけないし、化粧品も、いろいろと隠せるものを買わないといけないし。

なんか、やっぱり悔しいもん。

同窓会とかがあったときに、「老けたねーあの子。」とか言われるの。

もう今は男性受けとかはどうでもよくて、同姓に、「老けた」っていわれないためだけに、あがいてる感じ。

加圧も興味あるし、スイミングも行ってみたいし、勉強ももっとしたいし、やりたいことはたくさんあるのに時間が足りない。

まずひとつひとつやらないとね。

水素水、思い切って買ってみようかな。

30代後半、人生半分くらいかな、という今、元気に生きていくために、アンチエイジングについていろいろ調べて実践しています。

春はどこへいった?

最近誰とあっても「暑いですねー」ばっかり。外から会社に戻っても「暑いー」が第一声。

でも考えてみたらまだ5月ですよ。5月といったら薫風の頃、みたいな爽やかなあいさつ文がお似合いなはずじゃないですか。

それが暑い暑いと、真夏のような言葉しか口からでず。夜になっても生温かな風が吹いています。

ここ数年意外と春が涼しかったから、今年もそうかと思って4月頃春物のコートを買ったんです。

見た目はさらっとした生地だけれど、薄く中綿が入っているもので、しかも軽い雨ならOKのウォータープルーフの優れもの。

私にしてはかなり奮発して、結構高かったのに毎年春先寒くて困るからなと思って買いました。

しかししかし、本当にしかしです。4月の頭は雪が降るような寒さと来る日も来る日も雨で、新品のコートをおろす気にもならず、その雨が過ぎ去ったと喜んだのもつかの間、今度は真夏のような暑さ。

天気がいいのはうれしいけれど、とても薄く中綿が入っているようなコートが着られるわけないじゃないですか。

朝晩は涼しいといったって、朝晩のために新品を着る気にはやっぱりならず、私のコートは日の目を見ることなくクローゼットに眠っています。

そして夏が来てしまうのか

そんなこんなで春物のコートは諦めて、大切にしまい眺めて楽しんでいますが、世の中のみなさまはもう衣替えすんでいるんでしょうか?

私は4月下旬ごろようやく冬のコートをしまい、花粉が終わってからひたすらセーターやズボンを洗い、まだタンスの中は冬物と春物が同居しています。

まさか長袖春物を着る期間がなく半袖になってしまうとは考えていなかったので、一生懸命セーターしまって長袖Tシャツやカーディガンを出したところです。

せっかく出した品々が、もはや一度も着ることなく季節をこえてしまおうとしている・・・いやまだ5月だものこれから着ることだってあるよね、と自問自答する日々です。

でも、暑がりだからきっともう春物の長袖には戻れないんだろうな、とも思います。早く半袖を全部出さなくては。

それにしても男の人って大変ですよね。クールビズが定着したといっても一応期間があるし、30度を超えちゃうようなアスファルト地獄を黒いスーツを着て歩いているのをみると女でよかったなと思います。

6月から衣替えなんて異常気象の現代にはそぐわないから、暑い、と思ったらもう勝手にクールビズ始めていい、くらいに変えてもいいんじゃないでしょうか。

せめて薄着して、少しは爽やかになりたいですよね。

季節のうつろいがあまりに急で春物新品のコートを着られなかった悲しさと、衣替えがまったく追いつかず未だに長袖が跋扈するクローゼットをどうにかしなくてはという思いを書きました。

乾燥肌対策はもう長年行い続けているので…ライフワークといっても過言ではありません。

乾燥肌はなかなか体質が変わって完治する、ということはないかもしれませんが、お手入れで断然違ってきますね。

日常的に乾燥肌で困ってしまうのは、特に手の指や手のひらや甲です。日常的な作業や、料理、水仕事など、手作業全般にさしさわりますね。

私が長年探し続けて、一番使い勝手がよいのはセラミド配合の化粧水です。市販でも多数出ていますから、その効果は言わずと知れていますね。

肌にすぐに浸透し、ぽてっとした吸い付くような感じで感想してパサパサだった肌が落ち着きます。
化粧水ですから感想した顔に付けている方も多いと思いますが、これは全身に付けると、すぐにしっとりして、特に脚のサメ肌には効果てきめんです。

また、濃度の濃いセラミド配合の化粧水は、手につけてもとても良いのです。
というのは、日常生活の手作業は、肌が乾燥していると物を取りづらかったり、ページやビニールをめくりづらかったりしますね。
かといって、ハンドクリームをたっぷりつけてしまうと、乾燥した肌や手指はしっとりしますが、触るものに油分がついたり、お皿やコップを持とうとしてすべってしまったり、ということになりがちです。

またクリームを荒れた足の裏に付けたとしても、床がぬるぬるしてすべりやすくなったり、という経験ありませんか?

こんなやっかいが一切ないのが、セラミド配合の化粧水を、全身に使う方法なんです。手指にちょくちょくつけるためには、小さいのボトルに入れ替えて、キッチンなどに置いておいても便利に使えます。

おすすめの乾燥肌対策ですよ!

20代の頃から乾燥肌が気になり始め、特に顔の頬あたりが部分的にカサカサになっているのが嫌でした。化粧をしても乾燥している部分だけがファンデーションのノリが悪く、お肌を綺麗に見せるはずのメイクが台無しでした。とにかく改善しようとまずは内側から攻めることにしました。

インナードライ肌、つまりは自分の体内に水分が足りず潤っていないから?と考え、ミネラルウォーターを毎日2リットルを心がけ、細目に水分を取るようにしました。というのも、普段あまり水分をとらない方で、食事の時もお茶やコーヒー類といった液体系をあまり摂取していなかったので、なんとなく水分不足が関係しているのではと思っていました。水2リットルを飲み始めると、まず整腸作用が働きお肌に艶が出始めました。スゴイ!と思いながらもずっと続け、顔の頬の乾燥範囲も少し小さくなっているではありませんか!

このまま続ければ改善する!と期待していたのですが、私の場合、水だけでは完全に乾燥肌が改善。とまではいきませんでした。しかし、体内は水のおかげで循環し始め、肌艶もよくなったので、毎日水2リットルは引き続き実践し、今度は外から改善する方法を考えました。いつも洗顔後やお風呂上りの後、一気に顔がパリパリに乾燥するので化粧水・乳液を即塗らないと大変なことになっていました。しかしながら、塗っても時間が経てば乾燥する。ということは、使っている化粧水・乳液に保湿力がまだ足りていないのでは?と考え、それまでは肌が弱いという理由もあったので、「肌水」を使用していましたが、インナードライ肌用の化粧水に替えてみることにしました。しかしながらどの種類にしようか、全く見当もつかなかったのですが、とりあえずドラッグストアで立ち止まり何気なく手に取ったのが「豆乳イソフラボン」の化粧水・乳液でした。「そういえば、最近大豆イソフラボンとかがいいと言われていたっけ?」と、そんな理由からまずは使ってみることにしました。

早速購入したその日のお風呂上り、使った瞬間に「おぉ!」。塗った後の肌のもっちり感がびっくりするくらいすごく、こんなの初めてでした。しかも塗った後も時間が経てばいつも乾燥していた部分がまだもちもち!これはすごい☆買ったその日からこれ当たりじゃないかと感じました。それ以来私の肌は一切乾燥することもなく、プルプルのお肌が保たれています。私のお肌には「豆乳イソフラボン」がなくてはならない存在となりました。

水は水で、乾燥肌にも少しは潤いをもたらしてくれたので内と外からのダブルケアは欠かさず続けています。

なるべく老化を寄せ付ける事をしたくないと、少しずつの努力で、リズムよく毎日がすぎていくのです。お顔の肌に関しましては内と外側から肌を大切にする事は大切だと思うのです。

外側からは、自然派の無添加化粧品であるハーバーの化粧水とオイルは朝,晩とで2回、また1週間に2回湯船で、ハーバーのホワイトクレイパックという商品を使うのです。このパックは色が白くフランス製のホワイトクレイとバラオの海底に沈む白い泥の希少な2種類のクレイの力で吸着して除去する洗い流しタイプの泥のパックで、私のお気に入りなのです。

お顔の毛穴の黒ずみやごわつき、ざらつきなどによく対応も商品なのです。効果としまして、美白や角質ケアー、お顔のてかりなどにも対応できるのです。お肌の為に内側からの必要なものとしましては、私はサプリなどは飲んではいなく、ただ食品から摂取するのです。納豆なども元気の源となるものですが、私の場合は、おからが身体にあいました。

1年間以上もよい便がなく、それはひ弱な感じのものでした。でもその症状がおからのおかげで解消されたのです。食物繊維が含まれる事も良かったと思います。そして生活の面では、食事の時の噛む回数を増やすようにする事を心掛けいるのです。噛む事は脳と内臓にとてもよくのです。

野球選手がガムを噛むのは、集中力を高める事が目的なのです。老化を、はやめない為にも噛む事はとても良いのです。そして1日の疲れはその日のうちに取り戻すよう心がけているのです。

年のせいか、顔のたるみとくすみが気になります。今までは、化粧品にお金をかけた事がなく、また、高い化粧品はCM料が乗ってるから高いのであって、決して中身が飛び抜けていいから、というわけではない、だいたい、薬事法で、化粧品の成分は殆どが決められていて、安い物も、高い物も、さほど変わらない、と、本で読んでからはなおさら、安い化粧品ですませていました。

最近になって、鏡を見た時、心底驚きました。

「誰だ、このオバサン!」これが、鏡で自分の顔を見た、第一印象でした。

頬や、口元はたるみ、下に落ちてしまっています。何よりもびっくりしたのは、顔色です。くすんでどんよりとして、本当に生活やつれしている感じで、ショックでした。これではいけない、と強く感じました。そこで、今まで使っていた化粧品を見直そう、と思ったのです。何を買ったらいいのか分からなかったので、何社かサンプルを取り寄せて使っています。

今使っている化粧水は、使った後、突っ張る感じがあり、サンプルを使ったら、確かに良くて、値段を見てみたらびっくりするくらい高くて、やはり、高い物は違うなあ、と、思いました。まだ、何を買うかは決めていませんが、年齢的に自分の顔にもいたわりが必要なのね、と思います。

もしかしたら、もう遅いのかも知れませんが、少しづつでも、若返ってくれないかな、と思います。実際に、サンプルを何社か使っていますが、その段階で、顔色が少しだけ、明るくなったような気がするのです。